アクリス

パワーストーンブレスレットのアクリス式相性チェック法|岐阜県土岐市アクリス


コンテンツ

HOME»  ブログ記事一覧»  2.こあきより»  感性かがやくMIRAIサポート

感性かがやくMIRAIサポート

感性かがやくMIRAIサポート

すごい発見があったので、お話したいなと思います。
なんと!私のやっていることをつなげたらMIRAI(未来)になったんです!
なんのこと?って感じですよね?

私のやっていること。まずは音楽。ヒーリングCDを出してます。
企画から、作曲、アレンジまで、実は私がやってるんですよ。
FMピピのコーナー「ハッピーストーン」のテーマ曲も私が作曲した曲です。
他にもオリジナル曲はつくり続けていて、
毎週火曜日放送の番組「大人の夜会」のテーマ曲もそうです。

次にイベント
パワーストーンのイベントはもちろん、ライブも定期的にやってますし、
今年からは新しいイベントも始めました。

それから、ラジオパワーストーンはみなさん、よくご存じのとおり。
もう1つ、全国から電話相談をうけてまして、カード占いやヒーリングセッションをやってます。

というわけで、私のやっていること、
音楽MusicのM
イベントの
I
ラジオの
R
パワーストーンアクリスの
A
もうひとつヒーリングは自分自身の
Iにして、
つなげたら
MIRAI、未来になったんです!

気づいたとき、わーって思いました!
これまで私自身は同じ気持ちや同じスタンスで取り組んでいても、
石と音楽が自分の中でもつながってなかったんです。
それがつなげたら未来になって、すっごく嬉しくてすっきりしました。

感性を高めましょう!というお話はこれまで何度もしてきましたね。
感性が高まると、何がおきるかというと、
ものごとをすんなり受け入れることができるようになって、
不安や迷いから解放されて、
可能性がどんどん広がって、
新たな自分を発見して、
そしてMIRAIに希望が生まれます。


迷いや不安がいっぱいで、複雑な現代社会の中で、
自分らしく安心してすごすために、
感性をみがくアイテムや機会を提供して
みなさんのサポート役でいたい。
というのが私の想いです。


これからも、パワーストーン、ラジオ、イベント、音楽、ヒーリングセッションを通じて、
みなさんのかがやく未来をサポートしていきたいと思います。
改めましてよろしくお願いします。

というわけで、もっといろんなサポートがいつでもできるように、
アクリスの2階を改装しました。
前は事務所だったところで、ずっと使ってなかったんですけど、がんばって片づけました!
そしたら思いのほか広くてすてきなスペースができたんです!

そして、新しくできたスペースに「MIRAIスペース」という名前をつけました!
さっそく1/14にイベントをやりました。
カードリーディングとライブとセッション。
盛りだくさんの内容で、大盛況でした。
次は2/18です。ぜひ遊びにきてください!

みなさんにもう1つ伝えたいこと。
それは「願い事をかなえるには、扉は自分で開ける!」ということです。
今回MIRAIスペースと第1回のイベントで、すごく実感しました。
私のしたことは、「2階を片づけてイベントやる!」って宣言したこと。
どうやってやるかとか、何がいるかとか、考えたらきっとムリ!!ってなってたと思います。
でも、、「2階を片づけてイベントやる!」って言ったとたん、
いろんなことが動き出して、いろんなものが集まってきました。

社長やスタッフの邦ちゃんが、どんどん片づけを進めてくれたり、
となりのリサイクルブティックプレゼントさんと共同企画で開催することになって、
プレゼントの桂子ちゃんが、カフェで使っていたソファやテーブルをもってきてくれたり。
バンドメンバーもすごく協力的ですんなりお願いできたり、
ゲスト出演してくれるアーティストもいて。
スィーツがほしいね、となったら、手作りケーキをつくってもらえる、
夜はどうする?となったらタコライスをつくってもらえる、
あとは音響機材だね、となったら、使ってない機材を届けてもらえて、
さらに当日は受付、カメラマン、駐車場係と、協力してくださる方がいっぱいで。
夢のように次々とそろっていって、本当に感謝でいっぱいです。

予定しようと思っても自分の想いや力だけではかなわなかったことが、
どんどん現実になっていったんです。
できる!と信じて発信すると、こんなにも予想を超えた結果があるんだと思いました。
なので、これからもポジティブに発信していきたいな!と思いましたし、みなさんにもぜひ体験してほしいと思いました。

「願い事をかなえるには、扉は自分で開ける!」です。

2018-02-07 14:27:15

2.こあきより   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント